ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 審美 ]

2018年4月18日

美人度アップ!ホワイトニングの基礎知識

美人の条件!白く美しい歯

美人の基準は人それぞれですが、口元で印象は大きく変わるもの。特に歯は、見た目の印象を左右します。
どれだけアイメイクが完璧でも、歯の黒ずみや黄ばみが目立つ笑顔では、美人度が半減する可能性も…。
逆に、白く美しい歯なら、笑顔も自然と輝きを増しそうですね。「ママとこどものはいしゃさん」グループでは、美しい歯へと導く「審美歯科」にも力を入れています。
今回は憧れの白い歯が手に入る「ホワイトニング」の基礎知識について、ご紹介します。

ホワイトニングとは?

歯の中にしみ込んだ着色を脱色して白くする、それがホワイトニングです。
髪の毛のブリーチと同様の施術で、専用の薬剤を使い歯の着色物質を分解、歯の白さを引き出します。
歯の表面を削る手法が以前はとられていましたが、現在の主流は削らない手法。痛みも最小限で済みます。歯みがきだけでは落ちない汚れや着色を白くするため、美しく清潔な印象になるのです。日本でも認知度は高まってきましたが、その浸透率はまだまだ。
しかし、歯の健康や美しさを重要視するアメリカでは、大半の方がホワイトニングを実施しています。また、見た目の印象が大切な芸能人からも、ホワイトニングは支持されているのです。

自分に合うのはどれ?3種類のホワイトニング

ホワイトニングは主に、自分の好きな時に自宅でできる「ホームホワイトニング」、歯科医院で歯科衛生士などプロが行う「オフィスホワイトニング」、これら両方を行う「デュアルホワイトニング」の3種類があります。
そのため、それぞれの長所や短所を知り、自分に合うホワイトニングを見極めることが大切です。1つずつ、見てみましょう。

自分のペースで白さを保つ!ホームホワイトニング

自宅でできる、最も手軽なホワイトニングです。歯科医院で制作したマウスピースに薬剤を入れて歯を白くする方法で、歯科医院に通う時間が取れない方に向いています。また、オフィスホワイトニングよりも治療費が安いので、安価でホワイトニングを試してみたい方にも向いているでしょう。
しかし、オフィスホワイトニングに比べて歯が白くなるまで時間がかかるため、今すぐにでも白い歯を手に入れたい方には向いていません。

短期間で歯を白く!オフィスホワイトニング

歯科医院で行うオフィスホワイトニングの長所は、スピーディーに歯が白くなること。
薬剤を塗布した歯にライトをあてて、歯を白くします。ホームホワイトニングよりも強力な薬剤を使うため、多少痛みが出ることもありますが、1回だけの処置でも効果がでやすいホワイトニングです。
結婚式などのイベント前など、今すぐにでも白い歯を手に入れたい方に向いています。また、プロが施術を行うため、自力での施術に不安を感じる方にもピッタリです。しかし、ホームホワイトニングよりも費用が高く、色も戻りやすいため、長期に渡り白い歯を維持したい方には不向きです。

最強のホワイトニング!デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を兼ね備えた施術です。
2つのホワイトニングを行うだけあって、目標の白さを素早く実現可能。長期間白い歯をキープすることもできるため、最も効果が高いホワイトニングだと言われています。
しかし、2つの施術を行うだけあって費用は一番高く、経済的に余裕がある方にオススメです。

どれくらい維持できる?ホワイトニングの効果

理想の白い歯へ導くホワイトニング。しかしその白さは永遠ではありません。また、個人差もあるので、注意してください。

まずは歯科医師に相談を!

笑顔美人への近道である、ホワイトニング。3種類それぞれに長所と短所があり費用も異なるため、自分に合う方法を選ぶことが大切です。ホワイトニングが気になる方はまず、お近くの「ママとこどものはいしゃさん」で相談してみては。きっと、あなたに最適なホワイトニングが見つかるはずです。