[ 予防 ]

2020年3月3日

【子どもの虫歯が気になる奥さん向け】子どもの虫歯予防のポイント

「子どもに虫歯ができないか不安にある」「虫歯予防には何をしたら良いの?」

このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

歯によって人の印象は大きく異なるため、自分の子どもには健康な歯にいて欲しいですよね。

この記事では子どもの虫歯予防のポイントについてご紹介いたします。

子どもに虫歯対策ができ、健康な歯を手に入れるキッカケになると思うので、ぜひご一読ください。

子どもの虫歯予防のポイント3選

 

子どもの歯は大人の歯よりもエナメル質という、歯を保護する役割をする成分が少なく、虫歯になりやすくなっています。

また歯ブラシの重要性の理解が乏しく、日頃の歯ブラシを疎かにしてしまう子も少なくありません。

ここでは子どもの虫歯予防のポイントについて3つご紹介します。

 

・ダラダラ食事をさせない
・仕上げ磨きをしてあげる
・フッ素をよく使う

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ダラダラ食事をさせない

 

虫歯予防のポイント一つ目は、ダラダラ食事をさせないことです。

お口の中では、歯の成分が溶け出す「脱灰」と、歯を修復する「再石灰」の二つが繰り返し起こっています。

脱灰の時間が長引けば歯の成分が溶け出し、歯の強度が下がって、虫歯のリスクが高まります。

ダラダラ食事をすることでお口の中に食べ物が入っている時間が長引き、脱灰の時間が長引きます。

そのためダラダラ食事をさせないようにしましょう。

 

仕上げ磨きをしてあげる

 

虫歯予防のポイント二つ目は、仕上げ磨きをしてあげることです。

子どもはどうしても一人できれいに歯を磨くことはできません。

一人で磨けるようになるのは9才くらいからだと言われているので、それまでは仕上げ磨きをこまめにしてあげることで虫歯予防に効果を発揮します。

 

フッ素をよく使う

 

虫歯予防のポイント三つ目は、フッ素をよく使うことです。

フッ素の働きとしては先述した「脱灰」を抑制し、「再石灰」を促す効果があります。

そのためフッ素を配合した歯磨き粉を使うなどして、虫歯予防に努めましょう。

まとめ

この記事では子どもの虫歯予防のポイントについてご紹介しました。

子どもの歯は大人の歯よりも弱く、虫歯になりやすくなっています。

しっかりと日頃から虫歯予防をし、健康な歯を維持してあげましょう。

“ママとこどものはいしゃさん”では、家族全員で来院しやすい雰囲気づくりを心掛けています。治療のためだけでなく、ぜひ定期的なメンテナンスにいらしてください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス