[ 小児矯正 ]

2020年8月23日

顎の骨の幅を広げる小児矯正

矯正治療というと、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などを思い浮かべる人がほとんどかと思いますが、実は子どもが受ける小児矯正では、そうしたいわゆる「歯列矯正」を行うことがほとんどありません。そのかわり顎の骨の幅を広げる治療や顎の骨の成長方向のコントロール治療などを行うこととなります。そこで今回は、小児矯正の治療内容について、わかりやすく解説します。

▼小児矯正と歯列矯正は違う?

おそらく、大半の人は歯列矯正と矯正治療を同じ意味の用語として用いていることかと思います。けれども、この2つの言葉には大きな違いがあります。まず、矯正治療についてですが、これは歯科医院で受ける矯正の治療法の総称と呼べるもので、その中に歯列矯正や小児矯正などがすべて含まれているのです。一方、歯列矯正というのは、歯並びを細かく整えるための治療法です。具体例を挙げると、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などが該当します。ですから、小児矯正は歯列矯正とも異なるものである点を理解しておいてください。

▼小児矯正の目的

小児矯正の主な目的は、細かい歯並びの調整ではなく、顎の骨の矯正です。顎の幅が狭くて、このまま成長していくと、歯が並ぶためのスペースの不足が予想される場合に、実施されます。例えば、急速拡大装置や緩徐拡大装置といった床矯正装置を用いた治療法で、顎の幅を広げることができます。

一方、顎の骨の前後的な発育異常に対しては、ヘッドギアやチンキャップなどが用いられます。顎の骨の前後的な発育を正常に導くことで、上顎前突や下顎前突といった不正咬合を予防、あるいは改善することができます。いずれも発育途上にある小児期だからこそ行える矯正治療といえます。

▼子どものマウスピース矯正

実は、子どもにもマウスピース矯正というものがあります。これは歯列矯正の一種であるマウスピース型矯正とは異なり、口腔周囲の筋肉に働きからけるのが目的の治療法です。そのため、装置自体も形態がかなり異なるのですが、将来の歯並びの異常を未然に防ぐという点においては、非常に大きな効果が見込めます。そうした子どものマウスピース矯正を行っている歯科医院というのは、ある程度限定されますので、気になる方は「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院から探してみましょう。

▼まとめ

このように、子どもが受ける矯正治療は、いわゆる歯列矯正とは異なるポイントが多々あります。それだけに、事前に「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院に相談しておくことをおすすめします。小児矯正を行っている歯医者さんであれば、あらゆる疑問や質問に答えてくれることでしょう。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス