ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 審美 ]

2018年7月15日

銀歯にさよなら!白い詰め物「セラミックインレー」とは

治療で銀歯を入れる人は減少中!?

むし歯治療で主に使われる詰め物といえば、銀歯でした。しかし、「笑うたび銀歯が見えて恥ずかしい」「見た目が悪すぎる」「平均寿命が短く、交換するのが面倒」などの理由から、近年では銀歯を入れる方は少なくなっています。そこで注目を集めているのが、自然な歯の色に似た美しさと強度を持った材質の歯。なかでも人気が高い「セラミックインレー」について、今回のママとこどものはいしゃさんポータルサイトブログでご紹介します。

審美性抜群!セラミックインレーとは

まずセラミックとは「せともの」のことで、陶器に使われる材料です。白く透明感があり本物の歯と同じように見えるうえ強度も高く、口元の美しさを気にする女性から注目されています。また、金属ではないため銀歯と違い、金属アレルギーを引き起こす可能性がないことも、特徴です。

美しいだけじゃない!セラミックインレーのメリット

見た目の美しさはもちろんセラミックインレーには、銀歯と比べて様々なメリットがあいます。詳しく見てみましょう。

■自然な白い歯をキープ

セラミックインレーの一番のメリットといえば、見た目の美しさ。白く透明感のあるセラミックは自然な歯とよくなじみ、口を開けて笑ったとしても違和感はありません。

■汚れにくい

表面が滑らかなセラミックは、汚れや着色がつきにくい材質。食後に多少汚れがついても歯ブラシで簡単に落ちるため清潔なお口をキープでき、気になる口臭も少なくなります。

■変色しない

保険診療で使われる詰め物は、時間の経過と共に変色し、黄ばみを感じることも。しかしセラミックは変色しない材質なので、黄ばみを感じる恐れはなく、白さを維持できます。

■むし歯になりにくい

接着剤をしっかりつけ、歯にぴったりフィットするセラミックインレー。むし歯の原因である歯垢や食べかすが隙間に溜まりにくいので、むし歯になりにくいのです。

■歯茎が黒くならない

歯茎の黒ずみの大きな原因は、金属成分の流出。銀歯など詰め物に金属を使った場合歯茎は黒くなってしまいますが、金属を全く使用していないセラミックインレーならその心配はありません。

きちんと知ろう!セラミックインレーのデメリット

メリットの多いセラミックインレーですが、欠点もあります。

■保険適用外

保険が適用される詰め物は銀歯やプラスチックであり、セラミックインレーは保険適用外。そのため、治療費はどうしても高くなります。見た目の美しさや将来的なむし歯のリスクを減らしたい方は、一度お近くのママとこどものはいしゃさんまでご相談ください。

■割れる可能性

落とすと割れるお茶碗のように、材料が同じセラミックインレーも強い力を加えると割れてしまう可能性があります。歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある場合は、ジルコニアセラミックなど強度の高い材質を選びましょう。

輝く笑顔とお口の環境を守るセラミックインレー

歯は一度削ると、二度と元には戻りません。また、歯に詰めた材料が劣化することで、むし歯を繰り返す可能性があり、最終的に歯を失うケースも。大切な自分の歯を守るために、そしていつまでも堂々と笑えるように、セラミックを使用した治療を検討してみてはいかがでしょうか。ママとこどものはいしゃさんでは、美しさと健康を両立させる審美歯科で、全てのママの健康美を応援しています。