ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 小児矯正 ]

2019年10月23日

転んで歯が「折れた」「抜けた」時の注意点と対処法

子どもが小児歯科を受診する理由として意外に多いのが転倒による外傷です。とくに前歯というのは顔面の前方部に位置していることから、転んだ際に折れたり抜けたりしやすくなっています。今回はそんな転倒による歯のトラブルが生じた際の注意点や対処法などについて詳しく解説します。

▼放置してはいけない

子どもが転んで歯が欠けたり抜けたりした際には、放置してはいけません。それがどのような状態であっても、放置することによってさらなる状態の悪化を引き起こすからです。例えば、歯が欠けたり折れたりした場合は、エナメル質の下の象牙質がむき出しとなり、知覚過敏を引き起こすだけではなく、そこから細菌が感染して、むし歯になってしまうことも珍しくはないのです。また、歯が抜け落ちてしまった場合も同様で、そこから細菌感染が引き起こされ、歯茎や顎の骨にまで病変が広がることがあります。

▼抜けた歯はそのまま元に戻せる?

小さなお子さまで起こりやすいのは、歯の破折ではなく、歯の脱落です。これはまだ歯が埋まっている歯槽骨が未熟であることから、歯が折れるのではなく、そのまま抜け落ちることの方が多くなるからです。そういったケースでは、脱落した歯の状態が良ければ元に戻すことも可能となります。これを歯の再植(さいしょく)といいます。そこで注意してもらいたいのが、抜けた歯の保存方法です。

▼抜けた歯は牛乳に浸けて保存する

抜けた歯の表面には「歯根膜(しこんまく)」というとても大切な組織が付着しています。この組織を生きた状態のままにしておくことができれば、一度抜けた歯であっても元に戻せることがあるのです。そのため、外傷などによって抜け落ちた歯は、乾燥させることなく牛乳や専用の保存液などに浸けておきましょう。これらがすぐに手に入らないような状況であれば、お口の中に入れておいてください。歯はもともと口腔内に存在しているものなので、アメをなめている時のようにお口の中に含んでいれば、歯根膜細胞の死滅を防ぐことができます。

▼できるだけ早く歯医者さんへ行く

外傷によって抜け落ちた歯を元に戻せるからは、どれだけ早く歯医者さんを受診できるかにもかかっています。1分1秒でも早いほど、脱落歯の再植の成功率は高まりますので、トラブルが起きたらすぐに歯医者さんに連絡しましょう。

▼まとめ

このように、転んで歯が折れたり抜けたりした場合は、一刻も早く「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までお越しください。できる限り歯を保存できるような処置に努めさせていただきます。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

グループ院を探す