[ 予防 ]

2020年5月21日

親のむし歯が子どもに感染する?

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯が存在していません。なぜなら、赤ちゃんはほぼ無菌状態のままお母さんのお腹の中から出てくるからです。そこで不思議に思うのが、子どものむし歯菌への感染経路ですね。ほとんどの子どものはかなり早い時期にむし歯菌に感染するのですが、その出どころは家族であるケースがほとんどなのです。そこで今回は、親のむし歯が子どもに感染するリスクについてわかりやすく解説します。

▼子どもとのスキンシップに要注意

子どものむし歯リスクが上昇するのは、乳歯が生えそろい始める1歳半から2歳半の時期です。この期間は「感染の窓」とも呼ばれることがあり、しっかりとむし歯予防をしていなければ、むし歯菌への感染を容易に許してしまうのです。それはお子さまのオーラルケアだけ徹底していれば良いというわけではなく、周囲のご家族にも共通していることです。

例えば、お母さんがむし歯になっていて、お子さまとキスなどのスキンシップをはかると、唾液を介してむし歯がうつることがあるのです。その他、食器を共有したり、食べ物を口移しで与えたりすることで、むし歯菌がうつりやすくなります。

▼家族がまずむし歯を予防する

これから子どもを出産するというご家庭では、まずお母さまやお父さまがむし歯予防に努めましょう。もうすでにむし歯が存在している場合は、できるだけ早期にむし歯治療を受けておくことが大切です。無菌状態で生まれてくるお子さまに、むし歯をうつしてしまうのはあまりにも残念なことですよね。

▼「感染の窓」を乗り切るとむし歯にかからなくなる?

お子さまとのスキンシップなどをいつまでも控えるのは、発育上もあまり良いことではありません。ですから、濃密な接触を避けるのは1歳半から2歳半の1年間に限定してみてはいかがでしょうか。この時期をむし歯にかからずに乗り切ると、それ以降、むし歯への感染リスクが大幅に減少することが分かっています。大人になって歯磨きをほとんどしなくても、なぜかむし歯にならない人がいますよね。そうした人は、感染の窓の時にむし歯菌への感染を免れたのかもしれません。

▼健康な歯はお子さまへの贈り物

むし歯菌に負けない健康な歯は、何よりも価値があるお子さまへのプレゼントといえます。そんな貴重な贈り物をするためにも、一時期はスキンシップなどを控えて、お子さまのむし歯予防に努めてみてはいかがでしょうか。

▼まとめ

このように、むし歯というのは最初に親から子どもへとうつるケースが極めて多いです。その点に注意しながら、お子さまのむし歯予防を考えていきましょう。「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院ならより有効なむし歯予防のアドバイスをしてくれることかと思います。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス