[ 歯科医療の安全性 ]

2021年3月17日

表面麻酔のメリットについて

小さなお子さまに限らず、歯科治療を怖がっている人は大変多いですよね。「歯科治療恐怖症」という病名があるくらいですから、決して珍しいことではありません。ただ、小さい頃に歯医者さんが怖くなってしまうと、それ以降お口の中に異常が生じてもなかなか歯科を受診しなくなるという難点があります。そこでおすすめしたいのが表面麻酔です。

▼表面麻酔ってなに?

表面麻酔とは、その名の通り歯茎の表面に作用させる麻酔処置です。一般的な麻酔とは異なり、麻酔針を使用しないので、施術に伴う痛みがありません。麻酔作用のある薬剤が配合されたジェルを塗布し、5分ほど経てば歯茎の感覚がマヒします。つまり、その状態だれば通常の麻酔処置を施しても痛みを感じなくなるのです。

▼歯科治療で痛いのは麻酔処置?

歯科治療は痛い、というイメージをお持ちの方は多いことかと思います。おそらく小さなお子さまもそれを感じていて、原因は歯の切削にあると勘違いしてはないでしょうか。もちろん、エナメル質に限局した虫歯なら麻酔を施さないこともありますし、ドリルが振動する刺激などで不快な思いをされている方もいらっしゃることでしょう。けれども、エナメル質に限定されているということは、歯の神経も分布していないので、痛みを感じることもほとんどないのが現実です。ならば、患者さんはいつ痛みを感じているでしょうか。それは麻酔を施す時であるといえます。

▼注射針による痛み

一般的な局所麻酔では、注射針を歯茎に刺して薬剤を作用させます。この時の痛みが強く印象に残っている方も少なくないことでしょう。その後、麻酔が効いたら歯やその周囲の感覚はマヒしているので、歯を削る痛みも生じないこととなります。つまり、歯科治療が痛いと感じているのは、歯を削る時ではなく、歯茎に針を刺して、薬液を注入している時であるケースが非常に多いのです。

▼表面麻酔の有用性

これから歯科治療を受けるお子さまは、できるだけ表面麻酔を活用した歯医者さんに治療をお願いするようにしましょう。そうすれば歯を削る際に強い痛みを感じることはありませんし、歯医者さんが苦手になる可能性も低くなります。「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院であれば、ほとんどの歯医者さんが表面麻酔を活用していますよ。

▼まとめ

このように、お子さまを歯医者嫌いにさせないためには、痛くない歯科治療を実施している歯医者さんを選びましょう。そんな無痛治療や痛みに配慮した歯科治療をご希望されるのであれば「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までご連絡ください。その他にも、子どもを歯医者嫌いにさせない、さまざまな取り組みを実施しております。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス