[ 歯科トピックス ]

2020年4月11日

虫歯は何歳から治療することができる?

文部科学省の発表しているデータによると1972年では幼稚園児の90%以上が虫歯に悩まされていました。これがデータ上最新の2019年になると、虫歯に悩まされている幼稚園児の割合は19.2%にまで減少しています。歯の健康に対する意識が変わってきていることが分かるでしょう。しかしそれでも、虫歯の件数はゼロではありません。どんなに気を付けていても虫歯になってしまうことはあります。

 

 

ここでは子供の虫歯治療は何歳から行うことができるのかどうかについて詳しく説明していきます。

 

いつから虫歯になる?

歯は生えた瞬間から虫歯になるリスクがあるため、歯が生えたての0歳の子でも虫歯になる可能性はあります。実際に、まだ離乳食も開始していない赤ちゃんが虫歯になってしまう例もあります。子供の歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく、また1度虫歯になるとその進行スピードが速いことが分かっています。

 

いつから虫歯治療が開始できる?

明確に〇歳からでなければ治療してはいけないという決まりはありませんが、およそ3歳から4歳になる頃が虫歯の治療を開始できる目安と言われています。定期健診は2歳前からおすすめしている歯医者も多いですが、虫歯の治療となると虫歯があるため治療をしなければならないことをある程度理解し、口を開けて座っていられる必要があるためです。

 

虫歯の状態などによっては3歳より前に治療を開始することもあります。

 

虫歯の進行止めを利用することも

まだ虫歯の治療が行えない時期に虫歯になってしまった場合や虫歯が小さく削る必要がないと判断された場合など、虫歯の進行止めを塗布することもあります。この進行止めは、虫歯を黒くする作用がありますので、使用する際には説明をよく聞き、行うべきかどうかしっかり判断する必要があります。

 

虫歯になったらまず相談

虫歯かもしれないと思ったら、まずは歯医者に相談しましょう。ママとこどものはいしゃさん加盟店では、虫歯かもしれないという相談にも対応しています。治療が開始される目安の時期は3歳から4歳ではあるものの、それ以前では絶対に治療が行えないわけではありません。虫歯の状態を確認し、虫歯の進行止めを利用したり、治療計画を立てたりすることはとても大切なことです。また治療開始を急いだ方が良いこともあります。歯医者に行く前には、子供が歯医者を怖がってしまわないよう虫歯になってしまったかもしれないことを怒ったり責めたりしないよう注意してください。

 

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス