[ 小児矯正 ]

2021年5月25日

矯正治療に用いるチンキャップとは

子どもの骨格的な歯列不正を改善できる装置に「チンキャップ」というものがあります。一般の矯正歯科では用いられない装置だけに、初めてその名前を耳にしたという方もいらっしゃることでしょう。今回はそんな小児矯正で用いられるチンキャップについてわかりやすく解説します。

▼チンキャップとは?

チンキャップとは、その名の通り「チン(あご)」にキャップをする矯正法です。見た目はヘッドギアに近い部分もありますが、治療の目的は大きく異なります。ヘッドギアが上顎骨の成長を抑制するのに対し、チンキャップは下顎骨の成長を抑制するからです。顎にキャップを装着するのはそのためです。

▼下顎前突を改善する治療法

チンキャップの適応症は、重症度の高い「下顎前突(かがくぜんとつ)」です。下の顎が前方に突出している歯並びで、骨格的な過成長が原因のケースでチンキャップが用いられます。とはいっても、下顎前突を改善するメカニズムは至ってシンプルです。チンキャップによって下の顎を抑え込み、それ以上成長が進まないよう抑制するだけだからです。それでも骨格性の下顎前突に大きな効果を発揮する素晴らしい矯正装置といえます。

▼下顎前突を放置することのリスク

下顎前突というのは、お子さまの歯列不正の中でも注意すべきもののひとつといえます。下顎前突は早い段階で矯正しなければ、さまざまなトラブルを引き起こしかねないからです。例えば骨格的な下顎前突を大人になってから治すとなると、外科手術が必要になるケースがほとんどといえます。

また、下顎前突によって反対咬合などが生じると、特徴的な顔貌を呈したり、発音障害を招いたりすることが多々あります。そういう意味でも「受け口」や「顎がしゃくれている」という症状が認められたら、まず「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院に相談しましょう。それが治療を必要とする下顎前突かどうかを見極める必要があります。もしも治療が必要なケースなら、できるだけ早い段階で矯正を始めることが求められます。

▼チンキャップによる矯正にかかる期間

チンキャップを用いて下顎前突を矯正する場合、数ヶ月以上の治療期間を要します。場合によっては1~2年くらいの治療が必要となります。その間、日常生活に不自由を感じる場面も多くなりますが、治療をきちんと完結させることで、下顎前突の症状を大幅に改善することが可能です。

▼まとめ

このようにチンキャップを用いれば、骨格性の下顎前突を改善することができます。お子さまの協力が必要となる治療法となっておりますので、親御さまだけではなくお子さまも治療の必要性をしっかり理解することが大切です。そんなチンキャップによる矯正法についてさらに詳しく知りたい方は「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までご相談ください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス