ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2019年10月12日

甘くてもむし歯ならない?代用甘味料について

成長期にあるお子さまには、毎日しっかりと栄養をとってもらうことが大切です。とはいえ、甘いものばかり食べてしまうと、体重が増えすぎてしまうばかりでなく、むし歯のリスクも上昇していきます。それではお子さまのお口の健康を守ることは難しいです。そこでおすすめなのが甘くて美味しいのにむし歯ならない「代用甘味料」です。

▼代用甘味料とは?

代用甘味料と聞くと、なにか特別な食品のように思えますが、実際は皆さんもよく口にしていることかと思います。例えば、キシリトールというのは代用甘味料の代表みたいなもので、ガムの中に添加されていることが多いです。キシリトールは砂糖と同じくらい甘いのに、むし歯を引き起こすことはありません。

▼キシリトールがむし歯を引き起こさない理由

むし歯菌の代表であるミュータンス菌は、砂糖であるスクロースを餌として生命活動を営み、酸という副産物を産生します。一方、キシリトールというのは砂糖のように甘いのですが、ミュータンス菌が餌としてエネルギー源にすることができないのです。その結果、歯質を溶かす酸も産生されず、むし歯を発症することもなくなるのです。

▼キシリトールでむし歯菌が弱っていく?

キシリトールは、単にむし歯にならないというだけではなく、むし歯菌そのものを弱らせる働きも期待できます。なぜならむし歯菌は、お口の中にキシリトールがあると、砂糖と同じように体の中へ摂り込んでしまうからです。けれども、キシリトールはエネルギー源とはできないことから、いつまで経っても活動する源を得ることができなくなってしまうのです。例えば人間でも、カロリーゼロのものだけを口にしていたら、そのうち息絶えてしまいますよね。それと同じようなことがミュータンス菌の体にも起こり得るのです。

▼代用甘味料にはたくさんの種類がある

代用甘味料は人工甘味料とも呼ばれ、今現在、さまざまな種類が開発されています。アスパルテームやエリスリトール、ソルビトールなどは皆さんも耳にしたことがあるかもしれませんね。これらも基本的にはむし歯を誘発しにくい傾向にあることから、むし歯予防に最適な甘味料といえます。ですので、お子さまにおやつを与える際には、こうした甘味料が添加されているものを優先して選ぶことをおすすめします。

▼まとめ

このように、最近では甘くてもむし歯にならない、あるいはなりにくいお菓子やスイーツが販売されていますが、それらには基本的に代用甘味料が添加されています。そうしたむし歯になりにくいおやつについて、さらに詳しく知りたい方は、ママとこどもはいしゃさんの加盟院までお越しください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

グループ院を探す