ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2019年10月21日

歯科治療への不安が強いお子さまへの対処法

はじめから歯科治療が得意、あるいは大好きというお子さまはまずいらっしゃいませんよね。歯医者さんに通っていく中で、先生との信頼関係が結ばれたり、歯科治療への抵抗がなくなったりすることで、自然に施術を受けられるようになることは多々あります。実際、まだ歯医者さんに通いたてのお子さまに関しては、歯科治療への強い恐怖心や不安感を抱いてしまうのが一般的といえます。「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院では、そうしたお子さまに対して、さまざまな対処法をご用意しております。

▼笑気麻酔による歯科治療

皆さんは、歯科治療で用いられる「笑気麻酔(しょうきますい)」というものをご存知でしょうか。正確には笑気吸入鎮静方と呼ばれるもので、とくべつなガスを吸い込むことで、不安や恐怖心を和らげます。それだけ聞くと危険なもののように思えますが、実際は安全性が高く、副作用もほとんどありませんのでご安心ください。

▼精神的にリラックスできる

歯科治療が怖いというお子さまは、チェアに座った段階で、激しく暴れたりすることも珍しくありません。そういった場合、スタッフが強引におさえて治療を進めるのは危険が大きいですし、お子さまにとっても良くありません。その点、笑気麻酔であれば、笑気ガスを鼻から吸引するだけなので、自然な流れで精神的にリラックスしてもらうことができます。歯科治療中も気持ちの良い状態が持続するため、歯を削るなどの刺激が加わっても、激しく暴れたりするようなことは起こりにくくなるのです。

▼誰でも受けられるの?

笑気麻酔は安全で、副作用もほとんどないものなので、基本的には誰でも受けることができます。ただし、中耳炎や気胸など、一部の病気を抱えているお子さまに対しては、適応できないことがあります。また、鼻が詰まっていて鼻呼吸ができなかったり、年齢が2歳以下であったりする場合は、原則的に笑気麻酔が行えませんのでご注意ください。

▼麻酔の効果は治療後すぐに消失する

笑気麻酔の良いところは、麻酔の効果が消失しやすい点にあります。治療後、酸素を吸入することで、亜酸化窒素からなる笑気ガスは速やかに体外へと排出されます。ですから、治療後しばらく歯科医院にとどまる必要もありません。ちなみに、笑気吸入鎮静法は、お子さまだけではなく、歯科治療への恐怖心が強い大人の方にも適応することができます。

▼まとめ

このように、歯科治療への不安感や恐怖心が強い方には、笑気吸入鎮静法がおすすめです。「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院の中にも、この方法を積極的に取り入れているところもありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

グループ院を探す