[ 歯科医療の安全性 ]

2020年8月21日

歯科治療が怖くて受けられない時の対処法

小さなお子さまの中には、歯を削るのが怖くてどうしてもむし歯治療を受けられない、というケースもあるかと思います。むし歯は自然に治らないですし、治療が遅れれば遅れるほど、症状も悪化するので、どうしようか困っている親御さまもいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、歯科治療が怖くて受けられない時の対処法をわかりやすく解説します。

▼笑気麻酔を活用する

歯科治療への恐怖心をやわらげる方法として、「笑気麻酔」による鎮静が挙げられます。比較的多くの歯科医院で行われている鎮静法なので、歯医者さんにお願いすれば実施してもらえることでしょう。もちろん、笑気麻酔を導入していない歯医者さんもありますので、事前に確認しておく必要があります。

笑気麻酔を吸引すると、とても気持ちが良い状態となり、むし歯治療への恐怖心も和らぎます。鎮静の仕方も鼻から笑気を吸引するだけなので、それほど大きな手間はかかりません。その上で、局所麻酔をしっかりと効かせれば、歯の切削時にも痛みや不快感が生じなくなります。

▼サホライドで治療する

子どものむし歯治療で、どうしても歯を削ることができないケースでは、サホライドが適応されます。フッ化ジアンミン銀からなる薬剤をむし歯になっている部分に塗布する治療法です。歯は削らないので、痛い思いや怖い思いをすることはありません。ただし、あくまでむし歯の進行を止める治療法なので、完治させることは不可能である点を知っておいてください。また、サホライドを塗布した部分は、銀イオンの影響で黒く変色します。そういう点からも永久歯に適応することは難しく、乳歯のむし歯のみが対象となります。

▼全身麻酔という選択肢

心身の障害などがあり、なおかつ深刻なむし歯や歯周病を発症しているケースでは、全身麻酔下で治療を行うこともあります。全身麻酔を実施するためには、たくさんのスタッフや専用の設備などが不可欠であることから、大学病院などの大きな医療施設に限定される処置となります。治療をせずそのまま放置すると、全身に深刻な悪影響を及ぼすケースに限り、適応されるものです。一般的にはそのような選択肢はないものと考えた方が良いです。なぜなら、全身麻酔をかけること自体、お子さまにとってとても大きなリスクを背負わせることになるからです。

▼まとめ

このように、歯科治療が怖くて受けることができないお子さまには、上述したようないくつかの対処法があります。どれが最善であるかはお子さまによって異なりますので、歯科治療への不安や恐怖でお悩みであれば、一度「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院に相談しましょう。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス