[ 歯科医療の安全性 ]

2021年8月7日

歯医者さんの痛み止めは子どもに安全?

歯科治療では、それほど多くはありませんが薬剤を使用する機会があります。それは治療を安全に進めたり、施術後の不快症状を取り除いたりする上で必要なものとなっています。そうした薬剤が子どもの発育に悪影響を及ぼさないか不安に感じている親御さまも少なくないかと思います。そこで今回は、歯科治療で使用する薬剤とお子さまの発育との関連についてわかりやすく解説します。

▼歯科治療で使用する薬剤

歯科治療で使用する薬剤といえば、麻酔ですよね。小児歯科でもむし歯を削る時には「局所麻酔」を使うことが多いです。歯ぐきに麻酔針を刺して、薬液を注入するあの処置ですね。局所麻酔に使用するリドカインは、アレルギー反応なども起こりにくいため、子どもであっても安全に使用することができます。もちろん、中には麻酔薬に対するアレルギーがあるお子さまもいらっしゃいますので、そういったケースではまた別の方法を検討することもあります。ちなみに、歯科麻酔が子どもの発育に悪影響を及ぼすことはまずありませんのでご安心ください。

▼治療後の痛み止め

むし歯治療や抜歯を行ったあとは、必要に応じて痛み止めや腫れ止めなどが処方されます。大人であれば何も気にせずに使用している人が大半かと思いますが、子どもとなると心配になる親御さまもたくさんいらっしゃいますよね。この点もご安心ください。小児歯科治療のあとに痛み止めが処方されたということは、基本的に発育などに影響のない薬剤であることを意味します。子ども身体に悪いかもしれないと心配して、痛み止めを使わない方が良くない事態を招くこともあるため十分注意しましょう。お子さまが治療後の痛みに耐えられなくなったら、我慢をせず処方された痛み止めを飲むことをおすすめします。

▼薬物のアレルギーは事前にしっかり伝える

小児歯科治療で、子どもの発育に害のある薬剤を使用することはまずありません。ですから、薬物に対するアレルギーは人によって大きく異なるため、歯医者さんが思ってもいないようなトラブルが生じる可能性もあります。そうした事態を防ぐためには、事前に薬物アレルギーの有無や持病についてしっかり伝えておくことが大切です。そうすれば、歯医者さんも万が一の事態に対応することができます。

▼まとめ

このように、歯科治療で使用する麻酔薬や痛み止め、腫れ止めなどは、子どもが服用しても大きな問題となることはありません。むしろ、そうした薬剤を使用することで安全に歯科治療を進行することが可能となります。それでも薬剤による不安がある方は「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院まで相談してみましょう。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス