[ 予防 ]

2020年1月11日

梅毒がもたらす歯の異常について

子どもの歯の異常というのは、必ずしも生まれた後の生活習慣などが原因で生じるわけではありません。その中には、妊娠中のお母さんの身体の異常が原因となるものも含まれているからです。とくに、今現在妊娠中のお母さんは、梅毒への感染に注意しましょう。ここではそんな梅毒がもたらす子どもの歯への悪影響についてわかりやすく解説します。

▼先天性梅毒による歯の異常

妊娠期にママさんが梅毒にかかることで、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶことを「胎児病」と呼ぶことがあります。例えば、ママさんが梅毒にかかると、お腹の赤ちゃんまで病気の症状が現れることから「先天性梅毒」と呼ばれることもあるのです。そんな先天性梅毒では、歯の形成不全をもたらすことがあるため要注意です。

▼子どもの前歯に生じるハッチンソン歯

先天性梅毒による歯の形成不全では、「ハッチンソン歯」という症状が認められることがあります。これは子どもの前歯に形成不全が生じる病態で、審美性だけでなく機能面においても大きな問題を抱えることとなります。

▼子どもの奥歯に生じるフルニエ歯

ハッチンソン歯と同じように、先天性梅毒が原因で生じる歯の形成異常には「フルニエ歯」というものもあります。これは子どもの奥歯に生じる病態で、ハッチンソン歯と同様、機能面において大きな問題を抱えてしまうこととなります。奥歯であるため、審美面においてはそれほど大きな障害は現れないといえます。

▼症状の現れる時期には2パターンある?

先天性梅毒という名前からもわかる通り、この病気の症状は赤ちゃんの時期に生じることが比較的多いです。ただ、歯の症状に関しては乳歯や永久歯に生じることもあるため、青年期になって初めて異常が認められることも多々あります。ですから、先天性梅毒による症状が認められる時期というのは、基本的に2パターンに分けられるといえますね。ちなみに、この病気による症状というのは、歯だけではなく全身にも現れますので、その点もしっかり把握しておきましょう。

▼お母さんの健康が何より重要

先天性梅毒は、生まれてくる赤ちゃんにとってどうすることもできないものです。その病気にかかるかどうかは、お母さんの健康管理にかかっていると言わざるを得ません。それだけに、妊娠期の健康維持・増進には細心の注意を払うようにしましょう。

▼まとめ

このように、妊娠中のお母さんの病気によって、生まれてくる赤ちゃんの歯が正常に発育しなくなることもあります。そうした事態は絶対に避けたいものなので、妊娠中でも何か不安に感じたらすぐにお医者さんや歯医者さんを受診しましょう。歯に関することであれば「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までご相談ください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス