ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2018年5月14日

強い歯をつくる!フッ素でむし歯予防

むし歯予防に最適!フッ素について

薬局などで「フッ素配合」と書かれた歯磨き粉を見たことありませんか?フッ素は、むし歯の予防に使われており、ママとこどものはいしゃさんでも「フッ素塗布」を推奨しています。今回はフッ素の効果や使用方法について、ご紹介します。

歯にいいことたくさん!フッ素の働き

日本だけでなく、世界各国でむし歯予防に利用されているフッ素。ではフッ素を歯に塗布すると、どんなメリットがあるのでしょうか。具体的に見てみましょう。

■むし歯を予防

フッ素の働きとして一番有名なのが、むし歯の予防。むし歯菌はお口の中の食べ残しから酸をつくり、それが歯を溶かすことで穴があき、むし歯になります。フッ素にはむし歯菌の活動を弱め酸の量を抑える働きがあるため、むし歯の予防に繋がるのです。

■初期むし歯を防ぐ

食事のたびに歯の表面からカルシウムやリン酸などの歯を構成する組織は溶け出し、食後だ液の働きで溶けだした成分は戻ります。このバランスが崩れ、歯の表面がどんどん溶けていくと初期むし歯が始まりますが、フッ素にはカルシウムやリン酸などの成分を歯の表面に再び戻す働きがあるので、初期むし歯を防ぐことができます。ただし、むし歯が進行するとフッ素で回復しない組織も溶けてしまいます。

■歯を強くする

カルシウムやリン酸など溶け出した成分を歯に戻す際、フッ素は歯の表面のエナメル質と結びつきます。その結果、より硬く強いエナメル質がつくられるため、歯の成分が溶けだしにくくなります。

もうむし歯に負けない!フッ素の使い方

フッ素は、歯科医院で行う「フッ素塗布」のほかに、おうちで気軽にケアもできます。具体的なフッ素の使い方について紹介しましょう。

歯科医院でのフッ素塗布

歯科医院で行うフッ素塗布は大きく分けて、歯に直接フッ素を塗る方法とマウスピースで浸透させる方法の2種類。マウスピースは一定時間動いてはいけないため、お子様へのフッ素塗布は直接塗る方法が良いでしょう。しかし1度フッ素を塗布しただけでは、むし歯予防や歯の強化などの効果は期待できません。できれば3ヶ月に1度、最低でも半年に1度は歯科医院に通いましょう。

おうちでのフッ素塗布

薬局などで市販されている歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが配合量が少ないため、残念ながらフッ素の効果はあまり見込めません。自宅でフッ素の効果を最大限発揮させるには、歯科医院で購入できる歯科専用のフッ素配合ジェル(歯磨き粉)がオススメです。毎日使う歯磨き粉を見直すだけなのに、むし歯予防効果は抜群です。しかし、頑張って歯みがきをしてもたくさんゆすいでしまうと折角のフッ素成分が流れてしまうので、ゆすぎは1~2回に止めておきましょう。

フッ素のデメリットとは

フッ素は、誤って飲み込むと急性中毒の可能性があるといわれています。しかし、歯科医院で使われるフッ素の量は、飲み込んだとしても人体に影響がない程度の量です。心配しすぎる必要はないでしょう。

むし歯予防で健康な歯を守る

むし歯ができて歯科医院にはじめていく方も少なくないでしょう。しかし本来歯科医院は、むし歯にならないために行くところ。一生涯自分の歯を守るためにも、フッ素塗布を習慣にしませんか。お近くのママとこどものはいしゃさんで、お気軽にご相談ください。