[ 小児矯正 ]

2022年5月10日

小児矯正ってなに?治療方法について解説

矯正治療というと歯に器具とワイヤーを付けた治療(マルチブラケット装置)を思い浮かべる方が大半かと思います。

実際、大人が受ける成人矯正では、そのような矯正装置を用いるのが一般的なのですが、子どもが受ける小児矯正は少し異なります

そこで今回は、子どもが受ける矯正治療の方法について詳しく解説します。

▼小児矯正は顎の発育を整える治療

小児矯正の主な目的は、顎の発育が正常に進むように促すことです。もっとも用いられる器具は床矯正といって、取り外し式の器具をお口の中に入れて顎の発育を促して、歯が生えるのに十分なスペースを作る装置です。

また、上の顎が過剰に成長しているようなケースでは、「ヘッドギア」と呼ばれる装置でその発育を抑えることがあります。そうすることで、将来、お子さまが出っ歯になるのを防ぎます。

逆に、下の顎が過剰に発育しているケースでは、「チンキャップ」と呼ばれる装置を用いて下顎の過剰な発育を抑制するのです。その場合は、将来的に受け口となることが防止されます。

▼顎の幅を広げる床矯正とは

お子さまの矯正治療でよく用いられる方法である「床矯正(しょうきょうせい)」。これは取り外しが可能な矯正装置で、主に上の顎の幅を広げる目的で装着します。

ネジの力によって短期間で顎を広げる「急速拡大装置(きゅうそくかくだいそうち)」やバネやワイヤーの力で緩やかに顎を広げる「緩徐拡大装置(かんじょかくだいそうち)」などが該当します。

これらを使用すると、歯を並べるためのスペースが確保され、将来的に歯がガチャガチャに生えること(乱ぐい歯)となることを防ぐことができるのです。

▼小児矯正で器具やワイヤーは使わないの?

ここまで、小児矯正では歯並びそのものではなく顎の成長を整える器具を用いることをご説明してきましたが、器具やワイヤー(マルチブラケット装置)は使用しないのか気になる方も多いかと思います。

結論からいうと、「第一期治療」と呼ばれる小児矯正で器具やワイヤーを使用することはほとんどありません

なぜなら、発育途中のお子さまに細かい歯並びの治療を施してもあまり意味がないからです。

もちろん、個々の歯の傾きや生え方の異常が顎の発育に悪影響を及ぼす場合は、部分的に器具をつけて対処することもあります。

▼小児矯正を受けるメリット

このように、小児矯正を受けることで顎が正常に発育し、28本の永久歯がきれいに並ぶ土台を作ることができます。

小児矯正を行った結果、「第二期治療」である器具やワイヤーを使った矯正が不要となるケースも珍しくありません。

あるいは、器具やワイヤー矯正を行うにしても、抜歯をする必要がなくなったり、矯正期間を大幅に短縮できたりするなどのメリットを得ることができます。

もちろん、小児治療を受けることは、お子さまへの負担も大きくなりますが、将来、健康的で美しい歯並びをプレゼントできる素晴らしい治療でもあります。

そんな小児矯正についてさらに詳しく知りたい方はママとこどものはいしゃさんの加盟院までご相談ください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス