[ 歯科医療の安全性 ]

2020年6月5日

小児歯科の選び方を知りたい

これから出産予定の方や、生まれて間もないお子さまがいらっしゃるご家庭では、子どもが通う歯医者さんをどうやって選んだら良いか迷われていることでしょう。子どもが初めてであう歯医者さんだけに、最善といえる先生を見つけたいものですよね。そこで今回は、子どもが通う歯医者さんである小児歯科の選び方をわかりやすく解説します。

▼子どものペースに合わせた歯科診療

小児歯科の選び方でまず注目すべきなのは、歯医者さんの診療の仕方です。例えば、一般歯科では患者さんが成人ばかりなので、特別な配慮をせずともスムーズに治療を進めることができますよね。歯医者さんによっては、ほとんど説明もせずに処置に進んでしまう人もいますが、小児歯科ではトラブルも多くなってしまいます。

なぜなら、子どもというのは歯医者さんという特別な空間にまだ慣れていませんし、何より歯を削ることへの恐怖などが極めて強くなっています。ですから、子どものペースに合わせて診療を進めてくれるという点は、良い小児歯科の選ぶ重要なポイントといえます。

▼子どもの治療実績が豊富

子どもの歯科治療というのは、一般歯科とは異なる部分が多々あります。そのため、一般歯科のプロフェッショナルであっても、小児歯科治療に関してはその力を発揮できない先生も珍しくないのです。そうした専門性の高い小児歯科での経験が豊富であるというのは、優れた子どもの歯医者さんを探す上で、大切なポイントとなります。

▼女性の歯科医師が在籍している

小児歯科には、男性であっても優れた治療の技術や知識を持っている人がたくさんいらっしゃいます。ですから、はじめから女性の先生でなければならない、と決めつける必要はまったくありません。ただ、女性の先生でなければ、なかなか診療を受けられないというお子さまがいることも確かです。そういったお子さまに関しては、女性の歯科医師が在籍している小児歯科を選ぶことをおすすめします。やはり、子どもにとって親しみやすいのは男性よりも女性なのです。

▼歯医者さんを支えるスタッフも大事

歯医者さんには、歯科医師以外にも歯科衛生士や歯科助手なども診療に携わっていますよね。そうした歯科医院のスタッフも子供好きであったり、子育ての経験があったりすれば、さらに診療も受けやすくなることでしょう。小児歯科の中には、保育士を在籍させているところもあるくらいですので、そうした点に着目しながら小児歯科を探すのも良いかもしれません。

▼まとめ

このように、より良い子どもの歯医者さんを見つけるポイントはいくつかありますので、上述した点を参考に、歯医者さん探しを頑張ってみてください。「ママと子どものはいしゃさん」の加盟院であれば、比較的簡単に、すてきな歯医者さんが見つかりますよ。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス