ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2019年11月24日

小児歯科での予防処置とは?

「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院の小児歯科では、むし歯の予防に力を入れております。もちろん、むし歯の治療も行っておりますが、やはり予防に勝る治療はないのです。そこで今回は小児歯科で行っている「予防処置」について詳しく解説します。

▼フッ素塗布

予防処置の代表といえばフッ化物の歯面塗布ですよね。小児歯科ではジェル状のフッ素剤を歯の表面に塗ることで、歯質の強化をはかります。これは日ごろ使用しているフッ素入り歯磨き粉とは少し異なる「フッ化物応用法」といえます。歯科医院でなければ受けられない処置であり、その効果も極めて高くなっているのでお子さまにも積極的に受けさせてあげてください。ちなみに、フッ素塗布という予防処置には痛みなどを伴いませんので、歯科治療が苦手というお子さまでも安心して受けることができますよ。

▼シーラント充填

シーラント充填もまた、小児歯科で日常的に行っている予防処置のひとつといえます。シーラント充填とは、奥歯の噛む部分にある複雑な溝をレジンなどのプラスチック材料で埋めてしまう処置です。処置を施したあとは奥歯の表面がツルツルとなるため、プラークなどがたまりにくくなります。このシーラント充填にも痛みなどの不快症状は伴いませんのでご安心ください。しかもむし歯の予防効果は比較的高くなっています。

▼歯磨き指導

小児歯科ではお子さまに対する「歯磨き指導」も行っております。「歯磨き指導も予防処置なの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれもまたむし歯を予防する上では何より重要な予防処置のひとつといえます。なぜなら、どんなにフッ素で歯質を強化しても、毎日の歯磨きが不十分だと簡単にむし歯になってしまうからです。そのため、小児歯科ではお子さまが正しいブラッシングを身に付けられるように、ていねいな歯磨き指導を行っております。また、小さなお子さまには親御さまによる仕上げ磨きも欠かすことができませんので、そちらの指導も併せて実施しております。

▼むし歯予防の基本は毎日の歯磨き

このように、「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院ではいろいろな方法でむし歯の予防処置を施しておりますが、やはり基本となるのは「毎日の歯磨き」です。これを正しく行えることを何より優先することがむし歯予防において最重要といえます。ですので、まだ歯磨き習慣が身についていないお子さまがいらっしゃれば、積極的に小児歯科を受診しましょう。できるだけ早い段階で適切なブラッシング習慣を身に付けることが、お子さまのお口の健康を維持・増進する上で重要といえます。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

グループ院を探す2