[ 小児矯正 ]

2020年4月11日

子供の矯正はいつから考えるべき?

歯並びに不安がある場合、いつから子供の矯正を考えるべきなのでしょうか。早くても意味がないという意見や早くしなければ意味がないという意見が飛び交い、どうするべきか悩まれる方は多いです。ここでは子供の矯正の開始時期について詳しく説明していきます。

 

子供の矯正はできるだけ早くから相談を開始しよう

子供の歯列矯正に限らず、歯の不安点や疑問点は不安なまま放置せず、できるだけ早い段階で解消してあげることが大切です。ママとこどものはいしゃさん加盟店では、歯に関する相談も行っていますので、トラブルが発生してからではなく定期的に口の中の健康をチェックしていくことができます。

 

子供の矯正は適切な開始時期に行うことが大切です。そしてこの適切な開始時期というものは、矯正が必要な理由や現在の歯並びの状況、あごの発達具合などにより異なります。早く開始した方が良いお子さんもいれば、もう少し様子を見てから矯正を開始した方が効果的なお子さんもいるということです。

 

状態に合わせて適切な開始時期を知ることが矯正の第一歩と言えるでしょう。この適切な開始時期は、さまざまな要因を総合的に判断する必要があるものです。そのため矯正について考え始めたらできるだけ早く相談を開始することをおすすめします。

 

乳歯と永久歯が混合している時期

子供の矯正開始時期として多いのは乳歯と永久歯が混合している時期があげられます。特に上前歯が生える時期は、あごの成長をコントロールしてあげやすいと考えられています。プレートなどを用いてあごを矯正することが多い時期です。また将来の矯正治療に備え定期的なケアを行いはじめることも多いです。

 

 

永久歯に生えそろう時期

すべての歯が乳歯から永久歯に生え変わった時期も矯正開始時期になることが多いです。ワイヤー治療を開始することが多く、最終的なかみ合わせを整えてあげることができる時期です。

 

まとめ

子供の矯正時期は適切な時期を選ぶことが何より大切です。1人1人の歯並びの状態は異なりますので、必ず〇歳に治療を開始しなければならないというものではありません。開始時期に悩むあまり、矯正について相談しにくいと感じている方もいるでしょう。矯正の相談では矯正開始時期から話し合いを行うのが一般的ですので、まずは悩んだら歯科医に相談することが大切です。矯正の種類についても知ることができますので、悩みを抱えたままにしておく必要はありません。矯正について考え始めたら、ぜひママとこどものはいしゃさん加盟店にご相談ください。

 

 

 

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

 

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス