[ 小児矯正 ]

2020年4月11日

子供の上唇小帯(スジ)は切ってしまった方が良い?

子供の歯磨きを丁寧にしてあげているお父さんやお母さんが心配になるもののの一つに、上唇小帯(スジ)があげられます。ここでは子供の上唇小帯(スジ)についてママとこどものはいしゃさんが詳しく説明していきましょう。

 

 

 

上唇小帯(スジ)とはどんなもの?

上唇小帯(スジ)とは、上唇の真ん中にあるスジのことです。上唇を上にめくりあげるようにすると、大人の方でもスジがあるのが分かるでしょう。大人の場合ではこのスジは、歯茎の根本部分に少しだけ伸びているのが一般的です。

 

そのため子供の上唇小帯(スジ)が大きく目立つことに不安を感じてしまいやすくなっています。生まれてから1歳を過ぎるころまではこの上唇小帯(スジ)は歯茎の下の方まで伸びているように見えるものです。これは歯茎がまだまだ小さいために起こることです。

 

上唇小帯(スジ)があると歯並びが悪くなるって本当?

ほとんどの場合、成長過程で上唇小帯(スジ)はだんだん目立たなくなっていきますが、歯茎の下の部分に位置したままになってしまうことがあります。上唇小帯(スジ)が下の方に位置したままである場合は上唇小帯の異常と考え治療を行うこともあり、3歳児検診の歯科検査で上唇小帯もチェックしてくれるところもあるようですね。

 

上唇小帯の位置によってはそのスジに邪魔され、前歯に隙間が出てしまう可能性があるのは事実です。3歳ですぐに治療を行わなければならないものではありません。歯の生え変わり時期まで様子を見て置くのが一般的です。虫歯ではなくても定期的に歯科へ足を運び状態をチェックしてもらうと安心できるでしょう。

 

上唇小帯(スジ)の治療を行うと良いケース

上唇小帯(スジ)はすぐにでも治療を行うべき問題ではありません。3歳で上唇小帯を切ってしまうのと、歯の生え変わり時期で切るのとでは歯並びに差がでるというものではないためです。3歳で上唇小帯(スジ)が目立っていても、徐々に位置が移動し治療が必要にならないことの方が多いです。

 

しかしすぐにでも治療を行うと良いケースは2つあります。

1つは、歯磨きする際に上唇小帯に当たって痛いという場合です。前歯の歯磨きをする際に上唇小帯がぶつかり痛みや出血、腫れを引き起こしてしまうことがあります。このような場合では早めに上唇小帯(スジ)を切ってしまう方が良いです。

 

また、すでに生え変わり時期を過ぎていて前歯に隙間が出ている場合には、すぐにでも治療を行い歯並びの改善を考えます。ただし、すでに生え変わり時期を過ぎていて歯並びに問題を感じていない場合にはすぐに治療を行う必要はありません。見た目として気になる場合など、切ってしまうことはできます。

 

上唇小帯(スジ)には治療時期があることを知ることが大切です。気になる場合は不安な気持ちを抱え込まず、子供の歯の相談に乗ってくれるママとこどものはいしゃさん加盟店へぜひ足を運んでみてください。

 

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

 

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス