[ 小児矯正 ]

2020年10月13日

子どもの矯正を受けると抜歯が必要なくなる?

子どもの矯正治療である小児矯正を受けると、抜歯が必要なくなる、という話をよく耳にしますよね。矯正治療には抜歯がつきものでもあるので、なぜ小児矯正で抜歯が不要になるのか不思議に思われることかと思います。そこで今回は、子どもの頃に矯正治療を受けることで非抜歯となる理由をわかりやすく解説します。

▼そもそもなぜ抜歯が必要?

矯正治療で行う抜歯を「便宜抜歯(べんぎばっし)」といい、むし歯や歯周病にかかっていない健康な歯を抜かなければなりません。そうした点に抵抗があって、なかなか矯正治療に踏み出せない方も多いものです。でもそもそもなぜ、矯正治療では抜歯が必要となるのでしょうか。それは歯並びの乱れの多くは、スペース不足が原因になっているからです。

▼抜歯によってスペースを確保する

便宜抜歯を行うと、抜いた歯の分だけスペースが確保されますよね。出っ歯や乱ぐい歯、八重歯といった歯列不正は、歯がきれいに並ぶためのスペースが不足していることで発症しやすいため、抜歯によるスペース確保は非常に有益といえるのです。そこで次に気になるが小児矯正によって得られるメリットです。

▼小児矯正は顎の発育を促す治療

小児矯正の主な目的は、顎の骨の発育を正常に促すことです。顎の骨の幅が狭かったり、長さが短かったりする場合は、骨格の発育が遅れている可能性があります。そうしたケースでは、小児矯正を行うことで遅れた発育を正常に戻すことが可能です。その結果として、歯がきれいに並ぶためのスペースも確保されます。

▼治療期間も短くなる?

小児矯正は、第一期治療と第二期治療の2つに分けることができます。第一期治療は、上述したような顎骨の発育のコントロールを行う治療です。続く第二期治療は、いわゆる「歯列矯正」であり、発育が終わった後に開始します。第一期治療をしっかり行っていれば、第二期治療にかかる期間を大幅に短縮できることがあるのです。場合によっては、第二期治療を行わなくてもよくなります。

▼抜歯は絶対的に悪いものでもない

抜歯と聞くと、可能な限り避けたいものであり、お口の健康にとって絶対的に良くないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。お口の状態によっては、便宜抜歯をした方が良いケースもあるからです。そのため、矯正治療に伴う抜歯を絶対的に悪いもの、と考えるのもあまりおすすめできません。

▼まとめ

このように、小児矯正を受けていれば、便宜抜歯を回避できる可能性が高まります。その他、治療期間の短縮や治療費に抑制もにつながりますので、お子さまの歯並びが気になる場合は「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院に相談しましょう。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス