[ 小児矯正 ]

2020年2月10日

子どもの矯正は必要?一次治療をすることの重要性とは?

子どもの矯正は必要なのか、何歳から矯正をするのがよいのか、を知りたい方が多いようです。骨格に問題がある場合は、子どものときに矯正治療をしておいた方が、大人になってから楽になります。

歯を移動させる矯正は、子どものときに移動させてもあごがまだ成長するため、歯の位置も変わってしまいます。そのため、あごの成長が終わってから動かした方が良いのです。

子どものときにする矯正を一次矯正とといい、あごの成長を調整したり、永久歯が生えてくるスペースを確保するために行います。

一次矯正とは?

一次矯正は、まだ成長段階にある子どものときにする矯正のことです。大人になって成長が止まってからでは、成長を調整して歯並びを改善させることはできません。成長段階の子どもだからこそ、将来適切な歯並びになるように、成長の調整して備えることができるのです。

一次矯正の内容

一次矯正では、主にあごの成長の調整と歯列弓の拡大、歯並びを悪くする可能性のある指しゃぶりなどの癖の矯正をします。

上のあごが下のあごに比べて成長し過ぎているケースでは、上のあごの成長を抑えるための装置を用いて矯正が行われます。逆にあまり成長していないケースでは、成長を促すような装置を用います。

また、歯列弓の幅が狭いために、永久歯が生えてくるスペース不足が予測される場合は、口の中に装置をつけて骨を広げることで、歯列弓の幅を拡大する矯正が行われます。

指しゃぶりや舌を突き出すなどは、将来歯並びを悪くする原因となるため、装置を使うなどして取り除きます。癖は大人になってからだと直すのが難しくなるため、子どものうちに直しておいた方がよいでしょう。

一次矯正の重要性

子どものうちに一次矯正をしておくと、大人になってからの矯正がスムーズに行えます。

最近は、あごが小さい人が多く、永久歯の生えてくるスペースの不足から、歯が重なって生えてきてしまう人が多いです。大人になって歯並びを調整するときに、永久歯を並べるスペースが不足しているために全ての歯を並べることができず、歯を抜かないといけなくなる可能性があります。

あごの骨に問題がある場合は、骨を切る外科手術をしなければ調整するのは難しいです。

このように、一次矯正は大人になってからの矯正をスムーズに行うための準備として、とても重要なことなのです。

まとめ

一次矯正は、成長過程にある子どもにしか行えない矯正を行い、将来の矯正に備える重要な矯正です。

子どもの矯正を受けられる歯科医院をお探しの方は「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院から探してみてはいかがでしょうか。どの歯科医院も優れているため、満足いく治療を受けられるでしょう。

ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

 

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス