[ 小児矯正 ]

2022年6月15日

子どもの矯正を始めるべきメリットについて

矯正治療は小さい頃に受けた方が良いという話をよく耳にしますよね。

しかし、なぜ小さい頃から受けたほうか良いのかを説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか?

また、大人になってからではそもそも矯正治療が受けられないと思われている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ここではそんな小児矯正を受けるメリットについてわかりやすく解説します。

▼そもそも子どもの矯正ってなに?

子どもの矯正(小児矯正)とは、大人の歯が生え始める6~7歳くらいから初めて成長とともに歯並びを改善していく矯正のことです。

それに対して、成長期が終わってから行う矯正のことを成人矯正と言います。

成人矯正は、スペースを作るために歯を抜歯して、器具とワイヤーで矯正するのに対して、小児矯正は、適切な成長を促す取り外し式の装置(床矯正装置)などを用いて行うのが特徴です。

▼子どもの矯正は顎の発育をコントロールできる

小児矯正の最大のメリットは、顎の発育をコントロールできるという点です。

顎の発育というのは、成人になったら止まってしまうものであることから、小児期でなければコントロールできないのです。

例えば、骨格的な問題で出っ歯になっているケースを考えてみましょう。

上の顎の成長が過剰で「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」の症状を呈しているのであれば、ヘッドギアなどを用いて、その過剰な成長を抑えることが可能です。

逆に、下の顎の成長が過剰で「下顎前突(かがくぜんとつ)」の症状を呈しているのであれば、チンキャップによってその成長を抑制することができます。

骨格的な異常による歯列不正あるいは不正咬合というのは、成人矯正で劇的に改善させることが難しいため、その分、小児矯正を受ける意義も大きいといえます。

▼抜歯をしなくても歯並びを整えることができる

小児矯正では、主に歯を並べるスペースである顎の骨を整えることから、抜歯をせずとも矯正治療を完結できることも珍しくありません。

治療を進めていく上で必要とはいえ、やはり健康な天然歯を抜くことに抵抗を覚える方も少なくないですよね。

その必要がなくなるのであれば、小児矯正を受ける意義も極めて大きくなるのではないでしょうか。

▼治療費を抑えられる?

大人になってから歯並びを整えようとすると、ワイヤー矯正やマウスピース矯正、場合によっては外科矯正が必要となります。

これらはどれも比較的高額な治療費がかかるものなので、患者さまの経済的負担は大きくなります。

一方、小児矯正によって早い段階から問題点を改善しておけば、生涯にかかる矯正治療費を大きく抑えることも可能となるのです。

▼まとめ

このように、小児矯正を受けるメリットというのはいくつも存在していますので、歯並びが気になるお子さまに対しては、検討する価値のあるものといえます。そんな小児矯正についてさらに詳しく知りたい方は「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までご相談ください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス