[ 予防 ]

2020年9月1日

子どもの歯である乳歯は何本生えてくる?

私たちの歯は、大人と子どもとで生えてくる本数が違っています。とくに子どもの歯の本数については、親御さまも詳しく知っておきたいところですよね。そこで今回は、子どもの歯である乳歯が何本生えてくるのか、大人の歯とはどのように違うのかをわかりやすく解説します。

▼乳歯は全部で20本

子どもの歯である乳歯は、全部で20本生えてきます。その種類は、乳前歯が8本、乳犬歯が4本、子どもの奥歯である乳臼歯が全部で8本です。永久歯と比べるとかなり少ないので、驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。けれども、子どものお口というのはそもそも大人よりも小さいので、合計20本の乳歯で十分その役割を果たせるといえます。

▼永久歯は全部で32本

次に、大人の歯である永久歯についてですが、これは親知らずである第三大臼歯を含めると、合計で32本生えてきます。乳歯の1.5倍程度もあるのは、大人らしいですね。ただ、親知らずが生えてくる本数には、かなりの個人差があります。中には1本も親知らずが生えてこない人もいるため、人によっては28本の永久歯しかないことあります。

▼乳歯の生えてくる時期

全部で20本の乳歯は、一度にすべて生えてくるわけではありません。数年間かけて、1本ずつゆっくり生えてくるのです。具体的には、生後8ヶ月くらいに最初の乳歯である下の前歯が生えてきます。その後、一定の順番を守りながら、3歳ごろまでにはすべての乳歯が生えそろいます。ただ、これもまた個人差の大きいものなので、4歳や5歳でようやくすべての乳歯が生えそろうというお子さまもいらっしゃいます。

▼乳歯の本数が少ない場合の注意点

生えてくる乳歯の本数が少ない場合は、お口の中に何らかの異常があるかもしれません。もともと乳歯が生えてこない「先天欠如」であったり、その他の歯が邪魔をして「萌出遅延」を起こしていたりするからです。そのため、乳歯の数が少ない、乳歯がなかなか生えそろわないという場合は、「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院まで相談してみましょう。ケースによっては、すぐに対処しなければならないこともあります。

▼乳歯の数が多い場合もある

逆に、生えてくる乳歯の本数が多い場合もあります。これを「過剰歯」といいます。数が多いからといって必ずしも良いとはいえませんので、過剰歯に関しても歯医者さんに一度診てもらった方が良いでしょう。

▼まとめ

このように、乳歯の本数は全部で20本ですが、お子さまによっては多かったり、少なかったりすることがあります。異常が認められたら、早い段階で「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院まで連絡しましょう。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス