[ 予防 ]

2020年9月23日

子どもにインプラントはできない?

歯を失った際には、ブリッジや入れ歯などの治療が第一選択となりがちですが、最近ではインプラントを選択する人が増えてきています。インプラント治療を安全に行える歯医者さんも増えてきて、メリットの方が大きくなってきているからでしょう。そこで気になるのが子どもにもインプラントを適応することが可能かどうかですよね。今回はそんな子どものインプラント治療についてわかりやすく解説します。

▼インプラントは大人が受けるもの

インプラント治療は、原則的に大人が受けるものです。成長が完了した大人でなければ、いろいろと問題が起きやすいからです。そのため、一般の歯医者さんでも子どもに対してインプラント治療を実施するところはないといえます。

▼なぜ子どもは対象外なの?

子どもがインプラント治療の対象外であるのは、歯や顎の骨が発育途上にあるからです。まだまだこれから新しい歯が生えてきたり、顎の骨が成長したりする中で、人工歯根を顎骨に埋め込んでしまうのは大きな問題があります。それらの発育を妨げることがあるだけではなく、せっかく入れたインプラントも位置がずれるなど、再治療が必要となりやすいからです。そういう意味でも子どもにインプラントを入れるメリットは極めて小さいといえます。むしろデメリットの方が大きいでしょう。

▼子どもが歯を失った時の治療法

子どもの頃に歯を失ってしまった場合は、それが乳歯であるか永久歯であるかによって、治療法も変わってきます。乳歯をむし歯などで失った場合は、すぐ次の永久歯が生えてくるのであれば、何もせず経過を見ることが多いです。ただ、永久歯の萌出までに数年ある場合は、歯列内の隙間が塞がらないよう、さまざまな装置を装着することがあります。

次に、永久歯を子どもの頃に失ってしまった場合についてですが、これは大人と同じように、入れ歯を入れることが多いです。ブリッジのような固定式の装置を入れてしまうと、成長するに伴って装置の適合性が悪くなるため、入れ歯のような取り外し式の装置の方が都合が良いのです。もちろん、お口の中の環境が変化するにつれ、入れ歯も作り直していかなければなりませんが、それは仕方のないことといえます。

▼歯を失わないよう気を付ける

子どもの頃から入れ歯を装着するのは、あまりにもかわいそうなことなので、親御さんはできるだけお子さんの歯をむし歯菌から守ってあげるようにしましょう。インプラントやブリッジのような固定式の装置は基本的に使えないため、その点も踏まえた上でむし歯予防を徹底することが大切です。

▼まとめ

このように、子どもにはインプラント治療は行えません。万が一、永久歯を早い段階で失った場合は、「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院に相談しましょう。お子さんにとって最善といえる治療法を提案してくれますよ。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス