ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 歯科トピックス ]

2019年6月28日

妊娠中に歯周病になりやすいって本当?歯医者に行ってもいいの?

妊娠中は、歯茎に炎症が起こりやすくなります。

妊娠・出産を経験した女性で、「妊娠中に歯茎が腫れた」という方は?と質問してみると、「腫れた」という方は半数以上にものぼります。「ママとこどものはいしゃさん」にお越しになる皆さんも同様です。

女性の健康状態は、ホルモンバランスの変化によって揺れ動きます。妊娠によって大きな影響がもたらされ、歯周病が発症しやすい環境になることがあります。歯茎が腫れたり、出血したり、虫歯になりやすくなったり…。妊娠期間中は、つわりなどで歯科医院への通院を敬遠しがちなこともあって、この期間に歯周病を発症した人がそのまま放置して状態が悪化し、早い時期から入れ歯が必要になったということもあるのです。

■なぜ?妊娠すると歯周病になりやすい?

これまでは虫歯ひとつできなかった人が、妊娠を機にお口の環境が一気に悪くなった、という場合があります。

というのも、歯周病菌は何も特別なものではなく、常日頃から私たちのお口の中に居るものだからです。よく、善玉菌で腸内コントロールといった健康法を耳にすることがあるように、人間の身体には無数の善玉菌・悪玉菌が存在しています。

歯周病菌といってもたくさんの種類があるのですが、そのなかに女性ホルモンが増加した環境で繁殖しやすいタイプのものがあります。

「プレボテラ・インターメディア」といって、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンによって発育します。歯を支える骨を溶かす毒素をもっていて、血液を巡り妊娠トラブルを引き起こすため、赤ちゃんへの影響も視野に入れて対策しなければなりません。

ママ一人ではない、おなかに赤ちゃんがいる大事な時期からこそ、お口の健康を維持できるように注意したいものです。

■妊娠期間中は、無料で歯科検診を受けられる

妊娠中の歯科治療は、体調によっては治療をすぐに受けられるとは限りません。初期は、つわりの問題や流産の心配もありますし、9カ月以降になると陣痛がいつ起こるかわからないため治療は控えなければなりません。

ただし、安定期にあたる妊娠5カ月~8カ月の間は、歯科治療を受けることについて問題はありません。

自治体によっては、無料で妊婦歯科検診が受けられます。歯周病を早期発見して対策を打てるよう、行けるタイミングを見計らって受けておくようにしましょう。

妊娠中は、歯科治療を受けられないと思っている方も少なくないですが、赤ちゃんに与えるリスクを考えると、しっかりと検診を受けた方が良いといえます。検診の際には、「妊娠中である」ことを必ず伝えるようにしてください。少しでもリスクを避けたいならレントゲンなどの検査を控えめにして、歯のクリーニングや歯石の除去だけでも受けるようにすれば、歯周病の進行を食い止められる場合があります。

 

妊娠中の歯科治療について、心配なことや不安なことがあれば、「ママとこどものはいしゃさん」グループの加盟院に相談を!専門知識が豊富な歯科医師がお待ちしています。ぜひ、お近くの医院を探してみてください。

 

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

https://mamatokodomo-no-haishasan.com/find/