ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2019年8月12日

原因不明の体調不良…古い銀歯が原因かも?

原因不明の体調不良の原因が、昔入れた「銀歯」かもしれないっていうこと、ご存知でしたか?

なぜかいつも身体が重かったり、頭が痛かったり、肌荒れが治らなかったり…原因がわからない体調不良に悩まされている…という方は、この現代社会においては少なくないかもしれません。過剰なストレスや慢性疲労、ホルモンバランスや自律神経の影響など、今の時代、さまざまな原因が考えられます。

そんな中、体調不良の原因が、もしかすると「銀歯」かもしれないなんて…意外すぎて思いもよらないかもしれません。

お口の中にあるその「銀歯」は、いつ治療しましたか?もしすぐに思い出せないほど昔に入れたものなら、その疑いが強くなります。古い「銀歯」、お口の中にありませんか?

「ママとこどものはいしゃさん」では、金属アレルギーについての対策や相談にも応じています。

■「銀歯」が金属アレルギーの原因に!?

昔の虫歯治療では、「銀歯」を入れることがスタンダードでした。目立たない審美的な治療は高価だった上、まだまだ普及していなかった時代でもありますので無理もありません。銀歯は、保険の適用範囲内で治療できるという気軽さも大きいといえそうです。

ですが「銀歯」は一生ものではなく、寿命があります。お口の中は過酷な環境ですので、「銀歯」が劣化しやすい状態にあります。古い「銀歯」をそのままにしていると、虫歯を再発させてしまう恐れや、金属アレルギーを発症するリスクがあります。

アクセサリーなどを肌に直接つけていても金属アレルギーになったことが無い方でも、長年に渡りお口の中に金属を入れているうちに唾液に反応して「銀歯」が金属イオンに変化して成分が少しずつ溶け出してしまい、金属アレルギーを発症するケースもあるのです。お口の中で金属イオンが蓄積されていくので、これまで金属アレルギーを発症したことのない人にも多大な影響が出ることがあります。

いくら調べてもわからなかった原因不明の体調不良が、実は銀歯による金属アレルギーで、気づかないまま、長年に渡って悩まされていたという方がいらっしゃいます。

■銀歯は5年くらいたつと劣化し始める

こうなると、「いったい銀歯の寿命ってどれくらいなんだろう?」という疑問が出てくると思います。

銀歯は、使用し始めて5年後くらいからゆるやかに劣化が始まります。もちろん個人差はありますが、銀歯が劣化してくると、歯と銀歯の間に隙間ができてしまうことがあります。これが厄介で、そこに虫歯菌が入り込み、銀歯の中で虫歯が再発するとたいへんです。銀歯の中で虫歯が再発しても、まわりを銀歯でしっかりと覆われてしまっているせいで虫歯が発見されにくいという問題があります。虫歯の再発に気がついた時には、既に歯を抜かざるを得ない状態まで悪化しているといったケースは珍しいことではありません。

そんな多くリスクをはらんでいる銀歯。とはいえ、歯科医師の指導に従って定期検診に通い、きちんとケアをおこなっていけば、銀歯の寿命を少しでも延長することは可能です。

 

心配なときや困ったときは、「ママとこどものはいしゃさん」グループの加盟院に相談を!ぜひ、お近くの医院を探してみてください。

 

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

https://mamatokodomo-no-haishasan.com/find/