[ 予防 ]

2020年7月19日

乳歯の黒い点はむし歯?

皆さんは、お子さまのむし歯をどのように確認していますか?もしかしたら多くの親御さまは、「歯が痛い」といった具体的な症状を訴えるようになって初めてその存在に気付いているかもしれませんね。けれども、それでは手遅れになることもありますし、そもそも歯が痛いという主張をしないお子さまもたくさんいらっしゃいます。そこで重要となるのが乳歯のむし歯が疑われる症状です。今回はそんな乳歯のむし歯を早期発見するための注意点についてわかりやすく解説します。

▼乳歯の黒い点には要注意

普段の食事内容によっては、乳歯が黄ばんだり、黒ずんだりすることがありますが、それが必ずしもむし歯であるとは限りません。とくに、歯全体や歯列全体に着色や変色が目立つようであれば、むしろそれはむし歯ではない可能性の方が高いです。単なる食品による歯の着色やステインですね。一方、乳歯のごく一部に黒い点のような着色が認められたら、それはむし歯の可能性が高いです。一刻も早く歯科を受診して、適切な診断を受けましょう。

▼白いシミもむし歯の徴候

乳歯に限らず、永久歯にもその表面に白いシミのような変化が認められることがあります。専門的には「白濁(はくだく)」とか「白斑(はくはん)」と呼ばれる病変で、ほとんどのケースで初期のむし歯と診断されます。こういった病変は、歯の表面に穴があいていないので、むし歯と思う人は少ないことでしょう。けれどもそれは、むし歯の始まりであり、放置するとやがては穴があいて、黒ずんできますので、早期に対処する方が望ましいといえます。

▼初期のむし歯の対処法

歯医者さんで初期のむし歯と診断されたら、まずはフッ素塗布を受けることとなります。初期のむし歯が白く濁るのは、表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)という現象が起こっているからです。歯の内部で歯質が溶け出し、透明性を失っています。ですから、フッ素塗布で歯の再石化化をはかるのがベストといえるのです。

同時に、ブラッシング指導も必須となります。発生して間もないとはいえ、むし歯になっているということは、お口の衛生状態に問題があることは間違いありません。とくに、歯の磨き方は最適な方法を身に付ける必要があります。そうして磨き残しがなくなり、歯の再石灰化も促されれば、それ以上むし歯が進行することもなくなります。ただし、白いシミが消えることはありませんので注意しましょう。

▼まとめ

このように、乳歯の黒い点や白いシミは、むし歯である可能性が高いので、発見した時点で小児歯科を受診しましょう。「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院であれば、乳歯のむし歯に対しても適切な治療法を提案してくれますよ。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス