ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2019年11月22日

乳歯の特徴と永久歯との違いについて

皆さんは、子どもの歯と大人の歯にはいろいろな違いがあることをご存知でしょうか。一見すると同じように見えても、むし歯のなりやすさや汚れの溜まりやすさなどが異なるため注意が必要です。そこで今回は乳歯の特徴と永久歯との違いについて詳しく解説します。

▼乳歯はつくりが未熟な歯?

子どもの身体というのは、大人の身体と比較すると、いろいろな点において未成熟であることが多いですよね。それと同じように、乳歯は永久歯よりもつくりが未熟であるといえるのです。最もわかりやすいポイントは、歯を構成しているエナメル質や象牙質の厚さです。乳歯の場合、これらの厚みが永久歯の半分程度しかないことから、一度むし歯にかかるとどんどん進行してしまう傾向にあるのです。厚みが半分というのは、かなり大きな違いですよね。

▼歯の神経までの距離が近い

エナメル質や象牙質の厚みが半分ということに加え、乳歯では神経が存在している「歯髄腔(しずいくう)」が広くなっていることから、歯の神経までの距離が比較的近くなっているといえるのです。これもまた乳歯と永久歯の大きな違いであり、子どものむし歯の進行が早い理由ともいえます。

▼奥歯の溝が複雑

それから、奥歯には乳歯にも永久歯にも「小窩裂溝(しょうかれっこう)」と呼ばれる複雑な溝が存在していますが、乳歯は永久歯よりもこの溝がさらに複雑である傾向が強いです。そのため、プラークなどが停滞しやすくむし歯のリスクも高くなっています。

▼乳歯はむし歯予防を徹底することが大切

乳歯はただでさえ永久歯よりもむし歯のリスクが高くなっていることから、積極的なむし歯予防処置を講じる必要があります。例えば、毎日使用する歯磨き粉にはフッ素入りのものを選択しましょう。これはむし歯予防に取り組む上で、基本中の基本といえますね。また、「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院でも実施しているフッ素塗布やシーラント充填、ブラッシング指導といったプロフェッショナルケアを受けることも大切です。

▼歯の異常に気付いたらすぐに歯科を受診

上述したようなむし歯予防処置を講じても、乳歯がむし歯なってしまうことは多々あります。むし歯というのは、いろいろな要素が絡み合って発生するものなので、100%予防するのは難しいものなのです。そのため、お子さまがむし歯なってしまったら、とりあえずすぐに歯科を受診しましょう。子どものむし歯は早期に治療することが何より重要です。

▼まとめ

このように、乳歯と永久歯にはさまざまな違いが認められますので、それを意識した上で日々のオーラルケアを実施する必要があります。お子さまの歯をむし歯にさせないためには、「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までご相談ください。適切なアドバイスをさせていただきます。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

グループ院を探す2