[ 小児矯正 ]

2020年4月23日

ヘッドギアで改善できる症状

子どもの矯正治療では、細かい歯並びの調整ではなく、骨格的な矯正を行うことが可能です。これは成人矯正では行えないことなので、小児矯正を受ける大きなメリットのひとつといえます。そんな骨格的な問題の改善に役立つ矯正装置として「ヘッドギア」というものが用いられることがあります。

▼ヘッドギアとは?

ヘッドギアと聞くと、まず思い浮かぶのはボクシングで使用する道具ですよね。頭や顔を外からの衝撃から守るために装着するものです。矯正で使用するヘッドギアは、そうしてボクシングのものとは少し異なります。見た目もあそこまで目立ちやすくはありませんし、そもそも装着する目的が大きくことなります。

▼ヘッドギアを装着する目的

ヘッドギアを装着する目的は、主に上の顎の発育をコントロールすることです。成長期に上の顎の発育が進みすぎると、上顎前突などの歯列不正や不正咬合を引き起こしてしまいます。そうした歯並びやかみ合わせの異常を未然に防ぐために、ヘッドギアを用いて骨格の発育をコントロールします。

▼歯並びの矯正は行わない?

ヘッドギア自体で歯並びを細かく整えることはできません。厳密には、奥歯が前方に移動しないように固定したり、その他の矯正装置の固定源にしたりすることは可能ですが、基本的には骨格の発育方向を管理するだけです。

▼ヘッドギアで改善できる症状

ヘッドギアで改善できる症状は、「上顎前突」です。上の前歯が前方に傾いていたり、骨格自体が成長しすぎて前方に突出していたりするような症例ですね。そうした骨格的な異常は、小児期でなければ自然に治すことができません。そうした異常を放置して、大人になってから改めて矯正するとなると、外科的な手術が不可欠となります。それだけにヘッドギアが果たす役割は非常に大きいといえるでしょう。

▼ヘッドギアの治療にかかる期間

ヘッドギアによって骨格的な異常を改善する場合、治療に要する期間はケースバイケースといえます。数ヶ月の装着で治療が完了することもあれば、1年以上かかることもあります。ですから、それはお子さまの歯並びの状態を精査してからでなければ、厳密に決めることは難しいといえるでしょう。さらに詳しく知りたい方は、「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院に相談してみてください。

▼まとめ

このように、ヘッドギアというのは発育途上にある小児期ならではの矯正装置といえます。骨格的な異常をダイナミックに改善できることから、重症度の高い上顎前突などに大きな効果を発揮します。ですから、お子さまの極端な出っ歯などに不安を感じている場合は、一度「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院まで連絡してみましょう。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス