[ 審美 ]

2020年2月4日

オールセラミックを使うメリットとデメリット

オールセラミックとは、色調がよく変色もしないことから、審美的な関心が高い方を中心に使われています。

オールセラミックにはメリットとデメリットがあるので、ご紹介します。

オールセラミックのメリット

オールセラミックには審美的な面だけではなく、他の材質にはないメリットがあります。

色調がよく、変色もしない

オールセラミックは、色が豊富で自由に選ぶことができます。艶や質感などは、他の材料にはない美しさです。

歯に近い色にすることもできるため、どの歯を治療したのかわかりにくいです。

また、歯の詰め物に使われている他の材料は、時間が経つと変色してくるものが多いですが、オールセラミックは変色しません。

オールセラミックは、着色しにくく、着色してしまっても、比較的簡単に落とすことができます。

オールセラミックにはこのような性質があるため、審美的関心が高い方に人気のある材料です。

金属アレルギーの方でも安心

心当たりもないのに突然体調が悪くなり、よく調べたら歯に詰めた金属の詰め物が原因だったという話はあります。オールセラミックには金属が一切含まれていないため、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。

オールセラミックのデメリット

オールセラミックのデメリットの大部分は、硬いけど脆い材料であることが原因です。硬いのに脆いと聞くと、おかしいと思う方もいるかもしれません。変形はしにくいけど、衝撃には弱く砕けやすいということです。

歯を削らなくてはいけない

オールセラミックを歯に被せるためには、歯を削り土台としなければいけません。虫歯になっていない健康な歯を、削らなくてはいけないのです。

被せ物の強度を保つために、オールセラミックにある程度厚みをもたせる必要があります。そのため、歯を多めに削らなくてはいけないのです。

歯を削る量が多くなると、歯の神経を取らなくてはいけない場合もあります。神経を取ってしまった歯は、耐久性が低下してしまいます。

噛み合う歯が削れる可能性がある

例えば、下の歯にオールセラミックを被せたとします。噛んだときに、その歯と噛み合う上の歯(対合歯)が削れてしまう可能性があります。

この原因は、オールセラミックが歯よりも硬い材料であるからです。

健康な歯が削れてしまったら、そこから虫歯になる可能性があります。

まとめ

オールセラミックは、色調や変色もしない審美的に優れた材料ですが、歯を削らなくていけなく、対合歯を削ってしまう可能性があります。

オールセラミックの被せ物を入れようと考えている方は、「ママとこどものはいしゃさん」加盟院で治療を受ることをおすすめします。どの歯科医院も親切に治療をしてくれるので、満足していただけるでしょう。

 

ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス