ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス
[ 予防 ]

2019年1月1日

もうクサイとは言わせない!口臭予防のおすすめアイテム

ご存じですか?歯ブラシだけで口臭は予防できません

自分で自分の口臭は気が付かなくても、人の口臭はやたらと気になるもの。もしかするとあなたも、「クサイ」と思われているかもしれません。そこで今回の「ママとこどものはいしゃさん」ポータルサイトブログでは、口臭予防に役立つアイテムを、いくつかご紹介します。いつもの歯ブラシにプラスしてみてください。

そもそもどうして?口臭の原因

口臭と一言で表しても、いくつかの原因に分類されます。具体的に見いてみましょう。

■生理的口臭

寝起きや緊張した時、空腹時には口臭が発生しやすくなります。しかしこれは誰にでもある程度起こるため、気にしすぎる必要はないでしょう。どうしても気になる場合はうがいや歯みがきで簡単に解消されます。

■飲食や嗜好品による口臭

キムチやニンニクなど臭いの強い食べ物やタバコなどの嗜好品は、口臭を発生させます。時間と共に解消しますが、接客時や誰かと会う前には口にしない方が無難です。

■病気が原因の口臭

鼻・喉とお口は繋がっているため、炎症や膿がたまっている場合、口臭が発生します。また、胃腸などの消化器官や肝臓・腎臓などの内臓疾患が原因で口臭が発生することも。病気が原因の場合、時間が経過しても解消するどころか病気の進行と比例して臭いが強くなる可能性も高いため、できる限り早く病院へ行きましょう。

■お口の中が原因の口臭

口臭の中で一番多い原因が、お口の中の細菌。舌の色が白い、もしくは黄色っぽい場合、古くなった細胞や食べカスなどをエサに繁殖した細菌のかたまり「舌苔」が多いため、口臭が強くなります。また、むし歯や歯周病も進行すると口臭が強烈に。歯垢・歯石・ドライマウスも、強烈な口臭の原因です。

歯ブラシにプラス!口臭を防ぐおすすめアイテム

口臭の主な原因は、お口の中の細菌です。つまり、お口の中の汚れをきっちり除去し清潔な状態をキープすることが、最も有効な口臭予防策だと言えるでしょう。しかし、毎日の歯みがきだけでは歯周病やむし歯の原因となる細菌のかたまり歯垢(プラーク)や食べカスを取り除くことは困難です。そこで、毎日の歯みがきにプラスしたいお役立ちアイテムをご紹介します。

■歯間ブラシ

歯と歯のすき間や歯と歯茎の間には、歯ブラシだけではキレイにしづらいもの。そこで役立つのが歯間ブラシです。様々なサイズや形があるので、ご自身の歯のすき間に合わせて適切なものを選びましょう。歯間ブラシは一度に何度も使うと歯肉を傷つけてしまう恐れがあるため、1日1回、夜の使用がオススメです。また、歯みがき前に使用すると、歯磨き粉の成分がしっかりと行き渡ります。

■デンタルフロス

歯と歯の間に糸を入れ、汚れを取り除くデンタルフロス。歯ブラシで歯の表面をキレイに磨いても、毛先が届かない歯のすき間や裏側に残る歯垢や食べカスが、口臭はもちろんむし歯・歯周病の原因に。1日1回夜に使用して、クリーンなお口をキープしましょう。

■舌ブラシ

舌にこびりついた舌苔を除去するアイテム。舌を歯ブラシでゴシゴシこすると、表面が傷つくことで汚れが一層たまりやすくなる・味を感じる細胞が破壊されるなどの危険があるため、必ず専用の舌ブラシで優しく取り除きましょう。

口臭のお悩みもご相談を!

相談しづらく、一人で悩んでしまうことも多い「口臭」。原因がわからず悩んでいる方や歯みがきに力を入れても思うような効果が得られなかった方は、一度歯みがきに今回紹介したアイテムをプラスしてみてはいかがでしょう。どうしても改善されない場合はむし歯や歯周病などお口の病気の可能性も考えられますので、早めにお近くの「ママとこどものはいしゃさん」までお気軽にご相談ください。