[ 予防 ]

2020年10月7日

むし歯は親から子へうつるもの?

むし歯というのは、自然に発生するものではありません。ミュータンス菌に代表されるむし歯がお口の中で繁殖し、歯質を溶かすことで初めて発症するものだからです。そのため、むし歯も一種の細菌感染症といえます。そんなむし歯は、親から子へうつるケースが非常に多いことをご存知でしょうか?

▼赤ちゃんのお口の中は無菌状態

生まれたばかりの赤ちゃんは、お口の中が無菌状態です。むし歯菌はもちろん、歯周病菌や真菌なども一切存在していないのです。それにもかかわらず、成長していく過程でほとんどのお子さまのお口の中にむし歯菌や歯周病菌が住みつくようになります。そうした口腔細菌たちは、どこからやってくるのか気になりますよね。

▼家族から感染するケースが非常に多い

子どものお口の中には、1歳半から2歳半の期間にむし歯菌が住みつき始めると言われています。専門的には「感染の窓」が開く時期です。この時期は乳歯が生えてくる期間でもあるので、歯垢や歯石もたまりやすく、むし歯菌の定着も起こりやすくなっています。そうした感染の窓が開く時期に子どもが接する他人といえば、家族ですよね。とりわけお母さまとのスキンシップは多くなることから、十分な注意が必要となります。

▼子どもがむし歯菌に感染する経路について

子どもがむし歯菌に感染する経路としては、お母さまとのキスや食事の口移し、食器の共有などが挙げられます。こうした行為を1歳半から2歳半の期間、頻繁に行っていると、親から子へとむし歯菌がうつりやすくなるのです。

▼一時的にスキンシップを控える

実は、感染の窓が開く期間を過ぎると、子どもへのむし歯菌の感染リスクが大幅に減少することがわかっています。ですから、少なくともその時期だけはスキンシップを控えるよう、努力するのがおすすめです。その時期さえ乗り切れば、むし歯にかかりにくい健康的な口内環境を手に入れることができるのです。

▼家族がむし歯にかからない

お子さまへの感染がご家族によって起こりやすいのであれば、家族全員がむし歯予防に努めるのが最善といえます。家族全員のお口の中にむし歯菌がほとんど存在していなければ、例えばスキンシップを図ったとしてもお子さまにむし歯がうつらないからです。

▼まとめ

このように、小さなお子さまはお母さまやお父さまなど、周囲の大人からむし歯がうつりやすい点をしっかり理解しておきましょう。お子さまのむし歯予防を達成するためには、まずご家族のむし歯予防から始めるのがベストといえます。そんな家族全員のむし歯予防の方法については「ママとこどものはいしゃさん」の加盟院までご相談ください。

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス