[ 予防 ]

2020年4月11日

いつまで仕上げ磨きをするの?

子供の仕上げ磨きはいつまで行うべきなのでしょうか。

 

子供の歯を仕上げ磨きしてあげることは、虫歯の予防だけではなく口の中のトラブルのチェックにも有効的です。ここでは仕上げ磨きのメリットと、何歳まで行うべきなのかについて詳しく説明していきます。

 

仕上げ磨きをするメリット

子供の仕上げ磨きは、子供の歯を虫歯から守るために効果的です。仕上げ磨きを実践している方であれば、子供が1人でしっかりと歯磨きが出来ているように見えているにも関わらず、実際には磨けていないことが多いことに気が付ていることでしょう。

 

仕上げ磨きをすることで、落とし切れていない汚れをしっかり落とすことができます。また、すでに虫歯になっている歯やぐらついている歯の有無、歯並びの異変など口の中の変化に気が付くことができます。また歯磨きの習慣をしっかりつけるという意味でも、仕上げ磨きは大事なことです。特に歯医者に恐怖心を抱いている子供の場合、歯の痛みなどトラブルが発生していても、悪化し痛みが強くなるまで黙っている子も多いですので、こまめにチェックすることで早めに治療が必要かどうか相談することができます。

 

仕上げ磨きはできる限り12歳ごろまで

仕上げ磨きは赤ちゃんが行うというイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。幼稚園に行くようになったら歯磨きは自分自身で行えるようにしようと考えられていた時期もあるためです。現在でも、何歳まで仕上げ磨きをするかどうか厳密に定められているわけではありません。

 

12歳と言えば小学校高学年です。この頃になるとすべての歯が永久歯に生え変わり、口の中の環境が安定してきます。乳歯と永久歯と入り乱れて虫歯になりやすい状態が終わり、歯並びが安定してくるのが12歳なのですね。12歳ともなると成長が早い子では、お母さんより背が高いということもあり、恥ずかしがってさせてくれないとの声もあります。仕上げ磨きは、寝かせ磨きだけではありません。

 

小さいお子さんであればひざの上に寝かせて口の中を見ながら仕上げ磨きする方が多いですが、9歳ごろからは口の中の状態を確認しながら歯ブラシの当て方や磨き方をチェックしてあげましょう。座った状態でも仕上げ磨きを行うことはできるのですね。

 

仕上げ磨きとは寝かせて歯を磨いてあげるだけではなく、正しい歯磨きの習慣をつけてあげることが大切です。せっかく子供の歯の健康を頑張ってサポートしてきたのですから、子供任せの歯磨きは永久歯に生え変わるまで待ちましょう。

 

 

ママと子供の歯医者さん加盟店で歯磨き指導を行っているところが多いです。正しい歯磨きは口の中の健康にとって大切なことですので、ぜひ正しい歯磨き方法について、ぜひ相談することをおすすめします。

 

 

「ママとこどものはいしゃさん」加盟院の検索はこちら

ブログ

新着ブログ
予防
審美
小児矯正
歯科医療の安全性
歯科トピックス